ENGLISH SITE

  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス

経営情報

2017シーズンのトップチームは、「すべてにおいてバージョンアップ」を図ることを目標にシーズンを迎えましたが、過密日程や主力選手のコンディション低下などによりリーグ戦が不振の結果となり、7月末にはミハイロ ペトロヴィッチ監督を解任し堀孝史監督を昇格させました。堀監督のもとで、「守備の立て直し」と「健全な競争の導入」を図った結果、AFCチャンピオンズリーグ(以下、「ACL」)で、10年ぶりかつ日本勢としては初めてとなる2回目の優勝を遂げました。アジアチャンピオンとして出場したFIFAクラブワールドカップでは、大会5位となりシーズンを終えました。一方、好調な序盤から一転不振に陥ったリーグ戦では、監督交代後も立て直しには至らず7位でシーズンを終えました。また、ルヴァンカップは準々決勝で、また天皇杯はR16で敗退となりました。

2017年度の営業収入は、79億7,100万円と5年連続で増収となったとともに、2007年度以来10年ぶりに過去最高を更新しました。 事業運営費、チーム運営費、一般管理費を合わせた営業費用は74億1,500万円で、この結果、営業利益が5億5,600万円、当期純利益は3億3,100万円となりました。営業利益、当期純利益ともに過去最高を更新しました。

平均入場者数の推移

総入場者(ACL含む)は801,401人と前シーズンより1試合多かったものの35,836人減少しました。リーグ戦17試合の平均入場者数は33,542人と前年比3,393人減少しました。平均入場者数減少の要因は、優勝争いから脱落したリーグ戦への関心が薄れたこと、「ホームタウンからの信認を得るクラブづくり」の推進が道半ばとなったこと、荒天に見舞われる試合があったことなどで、終盤の入場者数減に影響したことが挙げられます。その結果、入場料収入は、23億3,700万円(前年度比3,800万円減)となりました。

広告料収入は、協賛金の増額やACL優勝に伴う追加協賛金、新規パートナーの獲得により、6年連続で増加するとともに、過去最高の31億9,300万円(前年度比6億円増)を記録しました。

グッズ収入は、ACLの勝ち上がりなどで試合数が増えたことに加え、オンラインショップ販売が好調で8億1,300万円(前年度比3,500万円増)となりました。

その他収入とJリーグ分配金の合計は、ACLの優勝賞金や勝利プレミアム、クラブワールドカップの賞金、プレシーズンマッチの出場料に加え、リーグスポンサーにDAZNが加わったことでリーグ分配金が増額したことから、昨年実績を大幅に上回る16億2,800万円(前年度比7億6,800万円増)となりました。

営業費用は、チーム運営費においてACL優勝による遠征費、獲得賞金を分配、さらに選手の練習環境の改善のための投資費用などが経費増になり、また事業運営費においてはREX CLUBを中心としたプロモーション費用の拡充、一般社団法人への会費等があり、74億1,500万円になりました。

営業収入と「収入の3本柱」の推移

純資産は、15億1,800万円と過去最高を更新しました。これまでの利益の蓄積である利益剰余金8億100万円に、当期純利益3億3,100万円が積み増しとなり、利益剰余金合計は11億3,200万円と、初めて10億円を超えました。

総資産の推移 (単位:百万円)

クラブは、筆頭株主が従来の三菱自動車工業株式会社から、ダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社(三菱重工業株式会社と三菱自動車工業株式会社の共同出資)に変わり、また地元企業を中心に新たに15社の出資を受けた新株主体制で臨む初年度となりました。
大原サッカー場に新たなクラブハウスを完成させトレーニング環境を大幅に向上させました。設立25周年を迎えたクラブは、様々な企画を実施したほか、「安全で快適なスタジアム」づくりのために、安全を確保しながら子供やファミリーの観戦機会を増やしたり、REX CLUBの機能を一段と拡充させたりするなどの取組みを進めました。差別撲滅に向けたアクションプログラムでは、外部の学校への啓発を図るなど活動を継続させました。また、レッズランドを一般社団法人としたほか、ハートフルクラブの活動強化などJリーグ百年構想の実現を意識した取組みを継続、拡大させました。

2018シーズンは、Jリーグ優勝とACL出場権獲得を目標に掲げ開幕をスタートしましたが、期待した結果が出ず、4月に大槻毅監督への監督交代、また、強化体制を刷新し、プロ契約のゼネラルマネジャーとして中村修三氏を招聘しました。 4月下旬には新監督として実績のあるオズワルド オリヴェイラ氏を迎えました。オリヴェイラ監督のもとでも、当初の目標は変えずに、チーム一丸となってすべての試合、すべての大会を全力で戦います。
育成については、プレミアリーグで安定的に戦い抜くこと、トップチームへの昇格選手を継続的に輩出することを目指すほか、海外チームとの交流などを通して、指導者の質向上にも努めていきます。レディースについては、石原監督2年目となりますが、タイトル獲得に挑むシーズンとしていきます。

クラブは、ここ数年で強化された財務基盤を背景に、今年度をさらなるステップアップとするための「足固めの年」と位置づけています。ホスピタリティ向上をテーマに諸課題に取組むほか、浦和レッズに適したマーケティング活動を本格化させます。「安全で快適なスタジアム」「差別撲滅活動」も継続していきます。また、「サッカーのまち 浦和」や「さいたま市の名所」の情報発信拠点として、JR浦和駅の隣接地に、オフィシャルショップ「レッドボルテージ」を移転するとともに、新設された「浦和サッカーストリート」を活用し、ホームタウンとの絆づくりに努めます。また、埼玉スタジアムのある美園地区の街づくりや、埼玉スタジアム改修への提案を図るなど地域での取組みを拡充させます。このほか、クラブロゴを設立から初めてリニューアルしました。
「サッカーをはじめとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていく」ことをクラブの存在意義として常に意識しながらチームとクラブの両輪で邁進していきます。

クラブ収支状況(単位・百万円)
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
営業収入

5,786

5,854

6,088

6,606

7,971

入場料収入

2,132

1,982

2,174

2,375

2,337

広告料収入

2,319

2,380

2,549

2,593

3,193

グッズ収入

705

788

687

778

813

Jリーグ分配金(※1)

258

263

270

319

536

その他(※1)

372

441

408

541

1,092

営業費用(※2)

5,633

5,642

5,961

6,426

7,415

事業費用

5,050

5,025

5,301

5,749

6,544

事業運営費

2,499

2,460

2,677

2,805

3,141

チーム運営費

2,552

2,565

2,624

2,944

3,403

(うち選手・監督
・コーチ報酬)

(2,016)

(2,054)

(2,100)

(2,381)

(2,644)

一般管理費

582

617

660

676

871

営業利益

153

212

127

180

556

経常利益

161

204

126

184

536

当期純利益 92 118 51 173 331
  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
  • (※1)「Jリーグ分配金」には賞金は含まれていません。「その他」には選手移籍関連収入、賞金、出場料、出演料、スクール収入、育成(アカデミー)関連収入等が含まれています。
  • (※2)営業費用の主な内訳は次頁の参考情報のとおりです。
(参考情報)営業費用の主な内訳(単位:百万円)
事業運営費 3,141  
スタジアム運営関係費 965 「試合関連経費[スタジアム使用料、警備費、運営設営費]」、チケット手数料、広告宣伝費、JFA納付金、イベント費ほか
広告料関係費 673 バーター取引相当分、レッズランド向け広告宣伝費、広告代理店手数料、業務委託費ほか
グッズ関係費・その他事業費 1,361 商品原価、グッズ運営管理費、REX CLUB活動費、広報活動費ほか
ホームタウン関係費用 141 レディース活動費、ホームタウン活動費、ハートフル活動費
チーム運営費 3,403  
選手・監督・コーチ報酬 2,644 選手と指導者の報酬の総額(育成、レディース等含む)
トップチーム運営経費 635 移動関連費、施設関連費、寮関連費、代理人手数料ほか
育成(アカデミー)運営経費 124 移動関連費、施設関連費ほか
一般管理費 871 労務費、各種賃借料、業務委託費、Jリーグ年会費ほか
クラブ財産状況(単位・百万円)
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
総資産

1,279

1,309

1,549

2,015

3,136

総負債

659

571

760

828

1,619

純資産

620

738

789

1,187

1,518

資本金/資本準備金

160

160

160

386

386

  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
クラブその他指標
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
J1リーグ年間順位 6位 2位 3位 2位 7位
YBCルヴァンカップカップ成績
(2015年度までヤマザキナビスコカップ)
準優勝 準々決勝 準々決勝 優勝 準々決勝
天皇杯成績 3回戦 3回戦 準優勝 4回戦 ラウンド16
AFCチャンピオンズリーグ
(ACL)成績
グループリーグ   グループステージ ラウンド16 優勝
FIFAクラブワールドカップ
(FCWC)成績
        5位
J1リーグ入場者数(人)

630,701

603,770

658,668

627,898

570,215

J1リーグ平均入場者数(人)

37,100

35,516
37,736
(無観客試合除く)

38,745

36,935

33,542

主催試合入場者数(人)

745,579

692,243

757,279

837,237

801,401

J1全クラブ平均年間収入
(百万円)

3,078

3,294

3,343

3,640

4,082

J1全クラブ平均入場料収入
(百万円)

693

678

712

742

804

J1リーグ全クラブ
平均入場者数(人)

17,226

17,240

17,803

17,968

18,883

  • 「主催試合入場者数」はJリーグ、カップ戦等主催試合の合計です

ページトップへ

    • SAVAS
    • NIKE
    • トーシンパートナーズ
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • スカパー!
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • ブログパーツ
    • プライドリームス埼玉
    • Jユースカップ